ライティングサポート お助けよっこ

自分の選んだ道を信じる

自分の選んだ道を信じる

隣の芝生は青く見える

いつでも、人は他人が持っているものを
羨ましく思ってしまうもの。

「忙しくしていると」→自由時間が欲しいとなる
「時間がありすぎると」→何かしたくなる

どこかで「満足」を感じない限り
不足感には限りは終わらないんですよね。

ということで、今日お話ししてみるのは

\  自分の選んだ道を信じる /

 

何かを新しい道を選んだ時
それと同時に今まであった環境を終えることになります。

新しい道が順調そのもの、幸せそのものであれば
そこに戻るという考えは起こりませんが

でも新しい道には不安がつきもの。
すぐに順調にいかないこともあります。

そして「人」というのは
なれた環境に戻りたいと思うもの。

だから、新しい道を選んだのに
過去に後ろ髪をひかれてしまう。

でも、そうなるとアクセルを踏んでいるのに
ブレーキも同時に踏んでいる状態で、前に進まないんです。

だから、新しい道を選択したならば
その先を向いて進むしかありません。

では、ブレーキを外して進み始めたとします。

ここで「迷い」が出てきます。

多くのみんなが他の道を走っているのです。

そうすると、方向展開して
自分もその道に進みたくなってしまい
そうすると、当初の自分の道、ゴールから外れてしまいます。

その誘惑にも負けず、進んだとします。

ここでまた「迷い」が出てきます。

自分にはそもそも無理じゃないのか。

自分の選んだ道を信じる

走っていても、なかなかゴールが見えない。
いつまでも同じ景色が続いているようで
自分のやっていることが無駄に感じてしまう

そしてその考えにも負けず、進んだとします。

ようやくゴールです!

ここでまた「迷い」が出てきます。

そもそもここに来たかったのかな? 他の場所はもっと良いはずじゃ・・

せっかくたどり着いたのに
他と比べてしまい、
たどり着いた価値を忘れ、
またその次の進むべき道があるのに、もう目指そうともしなくなります。

 


●まとめ

 

結局、成功した人は、
自分の進むべき道を迷わずに走り続け
そのゴールに辿り着いたら、またその先を目指す。

それをひたむきにできた人なんでしょうね。

自分の選んだ道を信じて、楽しくドライブ致しましょう!

今日の記事が何かの参考になれば幸いです。

ここまでお読みくださり、ありがとうございました。

では!

関連記事↓

 

ココナラもやっています。

 

+3
この記事をSNSでシェア!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。