ライティングサポート お助けよっこ

目標達成を実現するための法則

目標達成を実現するための法則

将来なりたい自分
資格取得
ダイエット
結婚

それぞれに、目標や夢があると思います。

最初は「よし!」と気合を入れたものの
途中で諦めてしまうこともあるのではないでしょうか。

なんせ、今のところ
人生は一回限りとされてますから
なるべく自分の目標は叶えてあげたいですよね。

ということで!
今日はそれを手助けしてくれる法則について
お話しさせていただきます。 

目次

目標達成を実現するための法則

それはSMARTの法則と言います。

1981年にジョージ・T・ドラン氏の論文で発表され
経営コンサルタンティングに広がり、経営者、ビジネスマンと
今では多くの方が取り入れています。

SMARTの法則

Specific(具体性)
Measurable(計量性)
Achievable(達成可能性)
Relevant(関連性)
Time-related(期限)

それぞれの頭文字を取ったものがSMARTの法則

では具体的にそれぞれ解説いたしますと

●Specific(具体性)

例えば

・英語ができようになる 

・仕事で成果を出す

という曖昧なゴール設定ではなく

・英語ができることで海外でも働けるようになる
・今の仕事で成果を出し、独立につなげる

具体的な定義を設けることで、
進むべき方向性が明確に分かってきます。

 

●Measurable(計量性)

数値や指標などで設定するというもの。

具体的な数字があると、
進捗状況やゴールまでの達成率が可視化されます。

例えば
・TOEICで800点
・新規顧客10件獲得

数字で示されると、
今の自分とのギャップがわかり
どんなことをすればいいか分かりやすくなりますね。

 

●Achievable(達成可能性)

設定した目標が「本当に達成できるのか」

あまりにも、あまりにも非現実的な目標だと
かえってモチベーションが下がってしまいうまくいきません。

・10カ国語を話せるようになる 

・世界一の富豪になる

          ↑
もはや、何から手をつけて良いのか分かりません💦

 


●Relevant(関連性)

目標を達成したらどんな良いことがあるか」

目標達成した時のプラスアルファのイメージがあることで
より目標が強固なものになります。

例えば
・英語ができれば、友人も世界に広がる
・仕事の成果を出し、ボーナスアップ、昇進

 


●Time-related(期限)  

いくら目標設定をしたとしても期限が決まっていないと

「今日はサボってしまおう」 

「いつかやれば良いや」

そうやって、ルーズになってしまい
目標達成が遅くなるか、
いずれ、目標さえ無いものになってしまいます。

例えば
・9月までにTOEIC800点 →1日1時間勉強
・8月までに新規顧客10件獲得→1週間に5件のアポイント

期限を決めることで、1ヶ月後、1週間後
そして今日やるべきことが明確になってきます。

===============

以上になります!

目標や夢を描いたとしても
そこから、具体的に動き、継続しなければ
勝手にそれは近づいてくるものではないですからね。

他でもない自分のため
目標設定をよりクリアにして達成していきたいですね。

では、今日の記事が何かの参考になれば幸いです。

ここまでお読みくださり、ありがとうございました。

では。^ ^

関連記事↓

ココナラもやっています。

+3
この記事をSNSでシェア!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。