ライティングサポート お助けよっこ

セールスライティングのつぶやきから

こんにちは  よっこです。

2005年に起業したわたし。

十数年どっぷり仕事漬けの毎日を送ってましたが
燃え尽き症候群になり、いったんリセット。

2020年から「お助けよっこ」というネーミングで活動をはじめました。
今は場所や時間にとらわれない
完全なフリースタイルで仕事をしております。

そんな私が、発信しているツイッターでのつぶやき。

今まで培ってきたセールスライティングのノウハウの
自身の備忘録のため、そして皆様にシェアできたらという意味合いで続けています。

自分でもなかなか良いこと言ってるな!

そんな呟きがいくつかありますので
今日はそれを解説とともにご紹介いたします。

最初はこちら↓

解説です!

何しろ、セールスライティングは一日で身につくものではないのです。

ライターという職業は幅広いですが
セールスライティングはマーケティングや心理学など
読みやすい文章を書くだけではない「知識」がないと
見ている人の心を捉える響く文章にはならないのです!

私はここまで、セールスライティングのスキルを上げるために
数十冊、いやもしかすると100冊以上の本を読んできました。

そして、電車や街中の広告
雑誌の中のキャッチコピーなど常にチェックしています。

それでも、完璧!
そう思える文章にはなかなか行きつかないもの。

コツコツと学んだことをアウトプットして
さらに上を目指せる人がセールスライターとして残ると思います、

 

次はこちら↓

解説です!

これは、私が実際に体験したことです。

ある程度、WEB構築の知識もあったので
いつかは「お助けよっこのHPを作ろう!」
そう思っていたのですが、得意分野でないものなので
何ヶ月経っても一向に進みませんでした。

それを、ココナラを通して発注したら
あっという間の2週間ほどでこのHPができましたとさ!

「もちはもちや」というやつです!😀

次はこちら↓

解説です!

セールスライティングはなんで必要かって。

それはもちろん「モノ」や「サービス」を売ること。

ただ、そこだけを考えるような文章は見ている人には響かない。

結局、手に入れた人が幸せになれないものは
売ってはいけないと思うし、
購入して幸せな笑顔が多くなることで
販売側、その社員、家族も幸せとなる。

それを繋ぐための「架け橋になる」大切なもの

その気持ちがあると、選ぶ言葉が変わり
素敵なキャッチコピーができるのです!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

いかがでしたか?

2003年に初めてセールスライティングのお仕事に関わり
もう20年ほど、文章に向き合ってきました。

簡単なものではないですが、とても楽しいお仕事です。

では本日はここまでです!


ココナラもやってます。

twitter
Instagram

0
この記事をSNSでシェア!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。