ライティングサポート お助けよっこ

言い方を変えるワザを覚えよう!

こんにちは よっこです。

そういえば
このブログの記事が、100記事を超えました!!

パチパチパチパチ〜👏

なんと今日で、108記事目!

中途半端💦

いや、煩悩の数と一緒か。
いや、末広がりの8ですね!

しかし、ほぼライティングの内容で、よく100記事以上書けました。
(自分で褒める)

まあ、2003年から、この道18年なので。

 

文章は結局、言葉ですよね。

言葉は人が人と関わる上で欠かせないツール!

そのチョイスで、印象が良くも悪くも変わります。

人の付き合いも、仕事の質も、その使い方が左右するものです。

本日は、同じ様な言葉を言い換える「ワザ」をご紹介します。

ボキャブラリー豊富で表現豊かな言葉は

知的な印象ですし、仕事の役立つだけでなくあなたの魅力をアップさせます!

参考になれば、嬉しいです ⬇️

 

言い方を変えるワザを覚えよう!

何気なく使っている言葉ですが
いざ「文章にしょう!」そう思うと言葉に詰まったり
同じ表現が重なってしまったりと、なかなかスムーズに書けないとこがあります。

他人の記事を読んでいても、スムーズに読みやすく分かりやすい文章と
読みにくく、内容もしっくり入ってこない文章があります。

そこには文章の表現力が大いに関係しています。

さまざまな言い方、表現のバリエーションを増やすことで
魅力的で読みやすい文章を作れるようになります。

最初はこちら↓

①ツールを使ってみる

 

普段何気なく使っている言葉ですが
いざ、文章にすると言葉に詰まることはあります。

・もっと最適な表現がないかなー。
・同じ言葉を繰り返し使いたくない。

魅力ある文章は、言葉のチョイスが適切で表現豊かです

かといって、頭のキャパシティーには限界がある…。

そんなときに助けてくれるのがWeblio辞書の類語検索

似てるけど違った表現の言葉を見つけられます。

例えば「穏やか」

類語

静か
のどか
落ち着いた
やんわり、などなど

日本語の豊かな表現を、せっかくだったら大いに活用して
魅力ある文書を作っていきましょう。

goo辞書、連想類語辞典などでも、類語検索はできますよ。

 

②繰り返しの言葉を避ける

なかなか自分では「書き方のクセ」のようになっていて
気づかないこともあるこの「繰り返しの言葉」

例えば

先日はお打ち合わせ頂きありがとうございました。
ご意見をお伺いさせて頂ければありがたいです。
また同時に資料もお送り頂けますでしょうか?

 

「頂きます」
この言葉、皆さまもよく使うのでは無いでしょうか?

便利な言葉ではありますが、連続して使うのはNG ❌です。

読みづらいですし、ボキャブラリーの少なさが丸出しになります。

私なりの繰り返しを避けた文書がこちらです↓

先日はお打ち合わせ頂きありがとうございました。
ご意見をお伺できれば幸いです。
また同時に資料もお送り下さいますでしょうか?

先にあげた例では
「ありがとう、ありがたい」も重なっていたので変えてみました。
文章ができたら、そのまま送信!ではなく
読み返して「違和感のない文章」に変えてから送りましょう。

 
③本を読み、常にインプット

 

ライターとして稼ぎ続けられる人の特徴3つ

結局のところ、頭にない言葉は出てきません。

さまざまな材料があると、バリエーション豊かな料理ができますし
多くのリキュールが揃うと、たくさんのカクテルができます。

そう、多くの言葉を頭の中に蓄積しておくことで
自然と、その文章にあった言葉が出てくるのです。

そして、言葉は忘れてしまうものでもあるので
常に本などの文章に触れておくことが必要です。

同じ言葉なら、
テレビやYouTube、ラジオを流しておけば良いのでは?

もちろんそれも、無駄ではないですが
文字として目にした言葉が文章としてはより出やすくなります!

 
まとめ

 

同じ意味合いの言葉でも
ちょっとした表現の違いで印象が異なることもあります。

適切な言い換えをして魅力的な文書を作っていきましょう。

それでは
ここまでお読みくださり、ありがとうございました😃

関連記事⇩

ココナラもやってます。

 

+1
この記事をSNSでシェア!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。