ライティングサポート お助けよっこ

好感度の高い文章

読みたくなる、返信したくなる文章とは!

お友達や家族とのやり取り仕事上の連絡
SNSへのコメントマッチングアプリのメッセージ
様々シーンでライティング文字の交換が行われているわけです。

知った仲なら、
そこまで言い方を気にしなくてもお互いに分かり合えるのですが
・あまり親しくない間がら
・仕事上のみのお付き合い
・ネット上だけのやり取り
この場合は、文章の書き方送り方で好印象、
またはその逆の印象を与えることになります。

本日は、「好印象、好感度」がアップする
文章の書き方&送り方をご紹介いたします!^^

①「ありがとうございます」

これは人としての基本ですよね!
・返信いただきありがとうございます。
・ご確認ありがとうございます。

さりげないけれど、丁寧で誠実な印象は伝わります。
文章で直接、顔が見れないからこそ
より丁寧な文章を心がけたいものです。


②相手に合わせた文字のテンション

・一気に長文で送ってしまう
・顔文字を多様する
・〇〇だよね~~。と急にタメ語

親しくない場合には、文字だけで
この人、自己中っぽいな。軽そう。など、
勝手にイメージづけられてしまうかもしれません。

なるべく、相手のテンションに合わせましょう。

例えば「!」マークが1、2個付くなら自分もそれくらい

返信の速度が、2、3時間後なら自分もその頻度で
一日一回ならその頻度で

お相手に合わせて行くと
お互いの自然のお互いのペースやり取りが作られていきます。

③理想は、6:4

つい、文章で多くを伝えたくなりますが
聞き役が少し多くなる方が、ベストです。

質問を送って、相手の会話を引き出すのもありですね。

ただ、あまりに質問攻めはひかれますのでご注意を!

④自分都合で放置はしない

忙しかったから、確認が出来なかったから
いろんな理由で返信をしない場合があると思いますが
相手はその状況を必ずしもわかっていません。
ですので、
「確認しますので、数日お時間ください。」
「落ち着いたら、連絡入れますね!」

とひとこと送れば相手は安心です。


⑤キレない

相手が上記④の状況になったとき
「なんで返信が遅いんだー。」
「あの人は対応が悪い!」

顔が見れないからこそ、そう思い込んでしまうかもしれません。
だからと言って
「いったいどうなっているんですか!」
「もういいです。」そう、感情をあらわにしないでくださいね。

色んな事情が人にはあるものですし
「大丈夫ですか?心配です。」
「確認ですが、お時間あるときにお返事いただければ幸いです。」

このように送れば、好感度アップ間違いなしです。

=============

いかがでしたでしょうか?
自分が心がけていること、
体験談など織り交ぜての渾身の記事です。(笑)

何かの参考になれば幸いです。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました!^^
関連記事↓

+1
この記事をSNSでシェア!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。