ライティングサポート お助けよっこ

より強くなっている「心」へのアプローチ

こんにちは  よっこです。

約20年のセールスライティング歴のわたし。

まだ「楽天」が世の中に知れ渡る以前。
その頃からネットでのマーケティングに関わっています。

その中で、さまざまな時代がありました。

とりあえず、出せば売れる時代。
誇大広告をうって売る時代。
SEOにちからを入れる時代。
安売りをして売る時代。

これらを経て、
わたしが今どんな時代と感じているかというと

それは

「心」へアプローチする時代。

今回は、そのお話をお伝えしていきます。

 

より強くなっている「心」へのアプローチ
 
今の世の中、そんなに高いお金を出さなくても
ある程度なんでも手に入りますよね。

100円ショップ、ユニクロ、ニトリ、日高屋、などなど
ありがたい限りです!

もちろん、その路線を購入するのも続いていますが
モノ」だけではなく「こころ」を満たすものが欲しい。

そんな、流れが確実にあるなと感じています。

それはきっと
安売り、大量消費の時代があった流れ

そしてもう一つ
ここ数年の感染症による時代の不安定さも影響しているのでしょう。

自分の心を満たしてくれる、幸せを感じさせてくれる
そんなもの・サービスを多くの人が選ぶ流れになっています。


①人が求める本質は変わらない

 

「人類」がモノを求め出した時
それはもちろん、他の動物と同じように
まずは「自分の命を守るため 」そんなシンプルな所だったのは間違いありません。

それが他者との関わりの中、
より良いものを、もっと贅沢を、他の人より多く

必要以上のモノを持ちたい。
そんな流れに人は過剰になっていったのだと思います。

けれど、人の本質のところ
自分の命を守るため 」

要は、誰のためでもなく自分を満たすもの。
ここは変わらなく脈々と持ちつづているはずなのです。

わたしが考える、セールスライティングでの
「心」へのアプローチは2つの方向で考えています。

その一つがこちら↓

②それを手に入れた時、そのさき先の気持ち

 

ライティングに向き合うときの姿勢

先ほどあげたように、ある程度おなけを出せば
そこそこのモノが手に入る「日本」です。

そこと差をつけて選んでいただくには

・それを手に入れたら、どんなハッピーがあるのか。

・その先にどんな笑顔の生活があるのか。

・より素敵な未来が訪れるのか。

ここをイメージしてもらうことが重要なんです!

素材や機能性だけでなく、そのプラスの感情を持っていただくこと
これを文章で表現することが差をつけるポイントです!

そしてもう一つの方向性がこちら↓

③どんな人から買いたいか!

 

ホームページの文章、まずはコンセプトが大切

様々な条件があり
人との関わりが密ではないこの時代。

ただ、ネットでの情報は有象無象が溢れかえっていますよね。

だからこそ、騙されたくない、
信頼できる人、誠実な人と関わりたい、
そんな気持ちがより強くなっているのです。

それは、モノやサービスを購入するときも一緒。

誰から買うのか

ここをよりシビアに消費者は見ていて
購入前にはSNSであらゆる情報をチェックして最終決定をするのです。

ですので、販売側、オーナーが
人柄を感じられるような発信をすることも一つの強みになる時代なのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

「心」へのアプローチの時代だなと
わたしが感じていると同時に、
セールスライティングを重視するクライアントも比例して増えていると感じます。

皆さんそれぞれに、そこをわかっていらっしゃるのかも知れませんね!😃

それでは
ここまでお読みくださり、ありがとうございました❤️

関連記事⇩

ココナラもやってます。

twitter
Instagram

+1
この記事をSNSでシェア!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。