ライティングサポート お助けよっこ

チャンスをつかむ人の考察

チャンスをつかむ人の考察

このタイトルに当てはまる人男性視点でみると
「星野源さん」なんでしょうかねー。😆

さてさてみなさんの周りにもいないですか?

チャンスを手にして、
どんどん目標や夢を叶えていく人。

そういう人は、
ただ単に良いことが舞い込んでくるのを
指をくわえて待っているのではないと思います。

そして何か共通したことがあるはずです。

今日はそんなことを考え、
語って行きたいと思います。

目次

チャンスをつかむ人の考察

同じ能力を持っていたとしても
チャンスを掴める人と、そうでない人がいます。

その差はどこにあるのでしょうか?

①世界の異人の名言から考える

チャンスをつかむ人の考察
チャンスをつかむ人の考察

先人たちの知恵が詰まった「名言」
何かヒントがあるかも知れません!

================

チャンスは不運や一時的な敗北という姿に
化けてやってくることがある
(ナポレオン・ヒル)

ほとんどの人がチャンスを逃す理由は
チャンスは作業着を着て
大変そうに見えるからだ 
(トーマス・エジソン)

壁というのはできる人にしかやってこない
超えられる可能性がある人にしかやってこない
だから壁がある時はチャンスだと思っている 
(イチロー)

================

この他、いろいろ見てみましたが
「簡単に」「楽して」という意味合いのチャンスの掴み方はありませんでした。
ただ、いずれは訪れるもののようです。

②チャンスに関わる言葉

偉人以外でも、
どこの誰かが言った言葉が語り継がれ定着したものがあります。

長く残っているということは、真髄をついてるといえます。

================

ピンチはチャンス
「もうダメだー。」と思うような状況に直面した時その時こそ、
新しい思考が生まれ今までにはない道が切り開かれる!

幸運の神様には前髪しかない
チャンスの女神には前髪しかないので、
前から向かってくるときにつかまなければならず
通り過ぎてから慌てて捕まえようとしても、
後ろ髪がないのでつかむことが出来ない

================

やはりチャンスは、
逆境の時を乗り越えると手に入りやすいのかも知れません。

そして来たら、逃さないことですね!

③成功者たちの実例

= スティーブ・ジョブズ =

2000年代初め、アップルは
マイクロソフトに押され、パソコンシェアが3%に落ちた。

そこで新しい商品の開発に着手、
それがiPod。たちまちに音楽プレーヤー市場を席巻した。
そしてそこから、iPhoneに繋がる

※まさにピンチはチャンスですね!

= 孫 正義 =

孫社長は創業してすぐ重度の肺炎を患い、
3年もの間入退院を繰り返す日々を送りました。

そこを悲観するわけでなく「充電期間」と前向きに捉え、
あらゆる種類の本3000~4000冊のを読んで
ビジネス計画を練っていきます。
その後Yahoo!JAPANを設立し飛躍します。

※成功者は何があっても諦めない強さがあります!

④ 〜まとめ〜

チャンスをつかむ人の考察

一見、運が良かったと見える「成功者」

その前に様々な困難を乗り越えて
確実に来たチャンスを見逃さず行動に移しているのではないでしょうか。

○この記事を書くために調べたチャンスの掴み方
○①〜③を参考にして
○周りの成功者の傾向

これらを元に共通点を並べてみます。

皆さんはいくつ当てはまるでしょうか?

・逆境、もうダメだという時も前を向く
・目標・夢に向け努力を積み重ねる
・壁が来たらどう乗り越えるか考える
・やりたいことに集中する
・失敗を恐れるより、行動して考える
・チャンスが来ることを待てる
・笑顔を絶やさない
・様々な情報をインプットする
・覚悟を持てる
・スピードを持って行動できる
・人と違うことを気にしない

まだまだ共通点はありそうなのでリサーチは続けようと思います!

================

はい、今回はここまでです。

なかなかリスクを負ったり、
失敗することは避けたいものですが
チャンスとセットなようなので目標があれば、
行動する方を選びたいですね!

それでは何かの参考になれば幸いです。

では!
失敗をしても、もう大丈夫!なワケ

ココナラもやっています。

+2
この記事をSNSでシェア!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。