ライティングサポート お助けよっこ

キャッチコピーの作り方

キャッチコピーの作り方【まとめ】

キャッチコピーを書き続けて、十数年。

何百本と作ってまいりました!

どこかで専門に学んだわけではないので
最初はもちろん実績0でスタートしたお仕事ですが
ここまで続けて来れているのは、
自分なりのスキルが世に中のお役に立っているのかなと思います。😃

自分なりのノウハウや考えをTwitterにて配信しています!

本日はそれをいくつかピックアップしてご紹介します。

画像+響くキャッチコピー

これが興味を引いて、先を読み進めて見ようかなと言う心理に繋がります。

 

 

◎準備をしっかりすること!

書き出すまでにその商品やサービスについてしっかり把握しておくことが大切!
それは性能だけではく、受け取った方の感情、生産側の感情
この「心」を考慮することで「心に響くコピー」が生まれます!

 

 

◎ヒントは急に舞い降りる!

二番目に挙げた下準備をしていても、簡単に良い言葉がうまれるわけではない。
かといって、PCの前で頭を抱えていても仕方ない。

ふとした時の目に写ったものがヒントになることはよくあります。

キャッチするアンテナの感度を高くすることが必要!

 

◎何より自分に刺さる言葉なのか!

ターゲティングもして、情報の下調べもして良い言葉を選んだ!
それは自分にとって響く言葉になっているでしょうか?

キレイな言葉でも、カッコ良くってもきちんと退かなければ意味がありません!
まずは、自分自身がその言葉で興味を持ちますか?

送り出す言葉に、責任を持っていこう!

===============

以上です!

短い文章だけれど
商品やサービスに興味を持っていただく、最初のきっかけになる大切な言葉!

しっかり誰かのことを想い文字にすれば、しっかり届くはずです。

それではここまでお読みくださりありがとうございました。

関連記事

+3
この記事をSNSでシェア!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。