ライティングサポート お助けよっこ

キャッチコピーを作る手順

キャッチコピー制作でセンスより大切なもの

セールスライティングの中でも
キャッチコピーは最も重要なポジションと言えるほと。

だから、糸井重里さんをはじめ
コピー一本で、数百万稼げる人もいるのです!

どうせ、センスある人だからでしょ。

そう想いますよね。

でも例え文字選びのセンスがあったとしても
そのコピーに反応がなかれば、結局は次は使われません。

キャッチコピーは、
見た方に反応されてなんぼ
商品やサービスの購入につながってなんぼなのです。

ですので、文字選びのセンスよりも

いかに人の感情を揺さぶれるか!

この部分が大切になってくるのです。

では、どうやったら感情を揺さぶれるか!

①プラスイメージの表現

商品が溢れる時代
安くて良いものも簡単に買えます。

その中でお客様が何を求めているのか!

それは、それを使ってどう


・自分にプラスになるのか!
・幸せな気持ちになれるのか
・みんなに羨ましがられるのか
・素敵な自分になれそうなのか

そのイメージが湧かなければその先読まれません!

 

②3つの視点で考える力

コピーを作るゴールは、もちろん購入に繋がること、

だからと言って
「買って!ほら良いでしょ!是非是非!」

そんな言葉にお客様はもちろんひかれません。

①でお伝えした読み手のプラスイメージ
それと共に、販売側(クライアント)の思いを知ることも大切です。

・どんな気持ちで開発したのか
・世の中にどのように貢献したいのか

さらに! 商品の立場に立って

・どうやったら魅力的に表現できるのか
・知ってもらい誰かを幸せにするには

クライアント・読み手・商品
この3つの視点で考えられると バランスの良いコピーが作られます!

③アンテナを貼ること

言葉は時代の流れで微妙に微妙しているものです。

例えば、
アベックはすでに使わないことは当たり前ですが
カップルだって、ちょっと古く感じる人もいるのです。
その場合、ペアを使うかも知れませんし他の表現もあるかも知れません。

それに、男女や年代、既婚・シングルなど
多様性でによってカテゴリー分けを安易に使うのはNGになる場合もあります。

女性の髪がさらに美しく変化する!

 

家族の食卓が楽しくなる!

自分のスタイルが凝り固まっていると
一片通りのライティングになってしまいます。

常に、時代の変化を感じて取り入れていくことが大切です!

========

以上です。

わたしは、十数年コピーを書いていますが
この仕事を始める前に「文章のセンスがある」とは
一度も思ったことがありませんでした。

読み手の反応があったことをさらに磨き
それを繰り返し、今に至っている感じです。

一本、数百万のコピーを書いているわけではないですが💦
この3点はわたしが大切にしていることです。

それではここまでお読みくださりありがとうございました。

関連記事↓

 

ココナラもやっています

+3
この記事をSNSでシェア!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。