ライティングサポート お助けよっこ

ひとりでも多くの笑顔を増やすために

今日は、そもそもの私が2005年に 独立した時の思いをお話しさせて頂きますね。

  その時、 「よーーし!社長になるぞ!」  
そう思って、起業をしたわけでは一切なかったです。

  逆に、ドン底の状態で、 色んなものを失った時期でした。
  何をして生活するのか、どこに住むのか。

人との繋がりで、じわじわと浮上して行くのですが
ワンルームの片隅のデスクで 半ベソかきながらという状態でした。(笑)  

まあ、その「じわじわ」はまた別の機会で書きますね。
 メルマガライターとしてスタートした私。

その頃、まだメルマガと言う言葉も そこまで一般に馴染みがなかった頃なので
私、元祖メルマガライターじゃないかなと思ってます!

自分で、事業を越してやっていくことになったのですが
その時に、いろんな思いが巡りました。

  私にできるのかな? 私だからできることってなんだろう?
私がやりたいことってなんなんだろう?

  私は「お店屋さん」が好きです!

保育園の時の「お店屋さん」ごっこをする写真が残っていて
その時のすごく楽しかった記憶があります。  

メルマガライターとして起業する前は 私は店舗での接客業で
ずーっとやっていくのだろうなと思っていました。  
その根底にあるのは 私の両親がお店をやっていたからです。

小さい時から 「いらっしゃいませ」 「ありがとうございます!」
この言葉の中で育ってきました。  

私にとってはそれが、普通の環境だったんですよね。  
ただ、コンビニが急激に増えるなど 時代の流れがあり、
私が中学の頃から親のお店の調子が傾き 高校生の頃にはお店をたたむことになりました。  

学生時代のわたしには何もできなかたのですが 親の大変そうな雰囲気はひしひし感じてました。  
父は、お店は続けたかったと言ってました。  
そして、程なく 母はお空の星になりました。  

独立を決めた時、その思いがよぎりました。  
・もう少し、売り方を変えたとしたら
・もう少し、先をみて方向を変えられたら  
好きな商売が続けられて、笑顔でいられたんじゃないか?  

そんな経験をしてきた私だから その思いを 自分が求められられることで生かしていこう!  

そう決めて、事業をスタートすることにしました。  
メルマガやキャッチコピーなどライティングで
商品の魅力的なアピール方法をサポートしたり  
今まで、問屋さんに流通を頼ってきた メーカーさんや、
製造元さんに これからのネットの可能性を話し、
ネットショップをオープンしたり  

自分の「底」の思いがあったからこそ 続けて来れたんだと思います。  
これからも、私と関わった一人でも多くの人が 「笑顔」になれるよう、
そんな思いで一生懸命やっていきますね。^^  

ここまでお読み頂きありがとうございました!

  では!

関連記事
お助けよっこと申します!

+2
この記事をSNSでシェア!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。