ライティングサポート お助けよっこ

キャッチコピー制作は感性ではなく努力

キャッチコピー制作は感性ではなく努力

キャッチコピー制作に長く関わっている私ですが
一瞬で作れるイキには至っておりません。

準備に時間がかかりますし
書き上げてからも、さらに調整します。

詳しくはこちらに書いております。↓

ですので、私はキャッチコピーは
感性でできるものだとは思っていません。

タイトルのも書いてある通り「努力」が必要なものなんです。

ではなぜそう思うのは、本日はそれをテーマに書きます!

キャッチコピー制作は感性ではなく努力

文字数にすれば、たった20〜30文字程度。

人を惹きつける文章と、
そうでは無い文章には違いがあります。

そこには、裏の努力があるか無いかの違いとも言えます。

制作は感性ではなく努力と考える、その理由。
   ⬇️
①知識量、語彙量が必要


キャッチコピーを作るには、その商品のことはもちろん
世の中の動きを反映することも時に必要ですし
決まりきった言葉の表現ばかりでは、
薄っぺらいコピーになります。

例えば、優しい

この言葉を別の表現にすると
親切、思いやりがある、あたたか、ソフト、温和 、親身など

さまざまな言葉があるわけです。

この知識量、語彙量を増やすには、
さざざまなニュースに触れたり、本を多く読むことです!

ここに時間を費やさないと、響く言葉は出てこないのです。

②常にアンテナを張る

キャッチコピー制作は、 PCに向かう時だけではなく
日常生活の中での

開いた雑誌の中、
開いたWEBページ 
隣の席で聞こえた会話 
街で見かけた映画のポスター 

急にヒントは降りてくる。

常にアンテナを張っておくこと、大切です。

③常に向上を目指す


これで100%完璧!

そんなキャッチコピーは正直作れません。

なぜかというと、受け取り手によって感覚は違うので
全ての人が響く言葉はあり得ないからです。

けれど、自分の中での常にベストを目指し
試行錯誤し続けます。

そして一人でも多くの人を惹きつけるコピーを目指していきます!

==============

以上になります。

もちろん、一つのコピーを10分で作ることもできます。

もしかすると、その方がお客様にとって響くこともあり得ます。

ただ、この3つの努力を重ね
また作る過程で時間をかけたコピーの方が
 (作る過程はこちら↓)

お客様を惹きつける「コピー」となる確率は高いはず。

当たればラッキー!と言う気持ちではビジネスは成り立ちませんので
やはり感性に頼るのではなく、努力が必要だと思います!

日々の生活の過ごし方が
WEBライティングのお仕事には確実に影響します。

それではここまでお読み下さりありがとうございました。

では!

 

+2
この記事をSNSでシェア!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。