ライティングサポート お助けよっこ

そのキャッチコピーは財産になるから!

こんにちは  よっこです。

世の中には「キャッチコピー」を聞いたら
あ、あの商品ね!あの企業でしょ!

そう、パッと思いつくものがあります。

例えば・・・

やめられないとまらない「ほにゃらら」

お、値段以上「○○○」

この言葉がつくだけで、イメージがプラスになり
ブランド力がアップしているのではないでしょうか?

これから、キャッチコピーを作りたい、リニューアルしたい
そう考える方は今日のテーマ「財産になる」という前提で
力を入れて頂ければと思います

参考になれば、なによりです!

 

そのキャッチコピーは財産になるから!

キャッチコピーは、先ほどあげた例や
長くても30文字以内が理想です。
(それ以上になると。逆に惹きつけられなくなりますので)

短い文章だからと言って、
簡単に、思いつきでつけてしまうのはもったいないです。

なぜなら、それは

商品やサービスを広げる、知ってもらうための大きな財産となるから。

では、どう具体的に「財産」と言えるかを
お話ししていきますね!

最初はこちらです↓

①価値をあげる

 

前提としてキャッチコピーは、説明する文章ではありません!

感情を動かし、惹きつけることが大切。

例えば、
「やめられない止まらない」ではなく
                                ↓
「えびと小麦粉を使ったスティック菓子」

このような説明に徹すると
「食べてみたい」とはならないのではないでしょうか?

商品に付け加えることで
より、価値が高まり、手に入れたいと感じる。

そんなキャッチコピーをつかえば
広告費に頼ることがなくなりますよ。

②馴染みブランド力なとなる
この例もお馴染み

「100人乗っても、大丈夫」 イナバ物置
「お口の恋人」 ロッテ

もう、商品や企業と切り離せないくらい
しっくりくる言葉となっていますよね!

見た方がスッと違和感なく、
そのキャッチコピーと名前を思い浮かべられる。

ブランド力があることは、他社よりも秀でる要素の一つです!

③何年、何十年も使い続けられる

 

ここまでにあげた、例は
いったい何十年使われているのでしょう。

そう、キャッチコピーは毎年買えるモノではありません!
一度コレというものができれば
それは、商品、会社名ともに何年、何十年も使い続けられるのです。

そう、それは「財産」となるのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

私はクライアントのキャッチコピーを
これまでに何百本と制作してきました。

それが、書品のパッケージとなったり
チラシになったり、HPになったりと責任重大です。

財産の一端をになう、大切な部分を作っている。

それくらいの思いで作っています

ぜひ、ご自身の商品・サービス・会社名に
素敵なキャッチコピーを考えてあげてくださいね。

それでは
ここまでお読みくださり、ありがとうございました❤️

関連記事⇩

ココナラもやってます。

twitter

+1
この記事をSNSでシェア!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。