ライティングサポート お助けよっこ

キャッチコピーを作る際に確認すること!

まず、どちらかを考えてみよう!

こんにちは よっこです!

この場で、120記事以上
主にセールスライティングのことを書いておりますので
きっとテクニックはそれなりにわかるのではないかなと思います。

ただ、最初がズレていると
ボタンが掛け違うように、良いライティングはならないかも😱

まず、最初に考えなくてはいけなくて
書くときのずーっとベースになるところを今日はお話しします。

ここが半分以上を占め!

そう言って良いほどの大切なところですので
よろしければ最後までご覧くださいね。

 

まず、どちらかを考えてみよう!

 

20代なのか、40代なのか?
男性、女性?
どこに住んでいるのか、子供はいるのか?

マーケティングには必ず
ターゲット層を明確にするというのがあります。

もちろんそれは外せないところです。

ただ、何よりも
その人たちの「こころ」が何よりも大切なのです!

大きく分けると2つ。

お客様がどんなことを求めているか
その感情を二つの方向に絞ってみましょう!

①より幸せになりたい

 

さらに、美味しいものを食べたい
もっと素敵なところに住みたい
今よりも愛されたい

人はこのよううな、今の状況よりも
より上を目指すことで進化して生き延びてきたと言えます。

ですのでこの感情は、もう本能とも言えるものです。

この商品、サービスを手にすることで今よりハッピーになれる!

より幸せになりたい
 
手に入れることで、ワクワクしてハッピー、笑顔になれる。

そんなお客様の気持ちに沿っていきましょう。

これが一つの方向。

そしてもう一方は
  ↓   ↓   ↓

②今の不満を解決したい

これさえ解決できれば
もっと便利なものがあったら
モヤモヤをスッキリしたい
今の状況に不満があり
それを解決したいという気持ちです。
人間だからこそ、頭を使い、創意工夫できる。
これも長い歴史の中で私たちに身についたことなんです。

この商品、サービスを手にすることで問題がクリアになる!

今の不満を解決したい
 お悩み、不満、不便から脱却できる。心、身体が楽になる

これが一つの方向。

お客様があなたの商品・サービスを購入するには
この求めているイメージを描いてもらうことが大切なんです。

さらに、付け加えてこんな思いもありますよ。

 

  ↓   ↓   ↓

③そしてこんな思いもあります

 

すごいね、と言われたい
人よりも優れたものを持ちたい
自分の格上げをしたい
これも、人が根強く持っている感情。

ズバッと一言で言ってしまうと
自己承認欲求

 

「私はそんなことないよ。」そういう方でも
無意識下ではそう感じてしまう抗えないものなんですよね^^;

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか?

大きな二つの方向とプラスα

この感情を揺さぶる文章を作ることが必要です。

それが入っていない限りは、いくら性能や価格をアピールしても
なかなか反応されずらいものなんです。

結局のところ、感情が行動を促すものですからね。

それでは
ここまでお読みくださり、ありがとうございました❤️

よっこでした!関連記事⇩

ココナラもやってます。

お助けよっこTwitter

 

+3
この記事をSNSでシェア!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。