ライティングサポート お助けよっこ

セールスライティングがスラスラ書けるようになるには!

こんにちは よっこです!

ライティングの分野の中で、
わたしが長年関わってきているのが「セールスライティング」

ちょっと、わたしのライティングヒストリーをご紹介!

元々は、PCを使うお仕事は得意としておらず
対面での接客業が好きで天職だと思っていました!

ひょんなことから、勤めていたカフェのお菓子を楽天で売る
ネットショップの店長に任命され
そこから、自分の好きな接客とネットショップを融合していくか!
それを必死に考え続けました。

そこで、いかに文章で対面に近いような安心感で
商品やサービスの良さを伝えられるかが大切ということに行きつき
試行錯誤で自分なりに身につけたのが、
今でもこうやってお仕事をさせているセールスライティングの原点!

と前置きが長くなってしまいましたが💦

セールスライティングは、特別なスキルが必要なわけではなく
「想い」の部分が大切だと感じています。

この原点があり、それを自分の仕事にも
クライアントの依頼にもいかしてきたので続けられているのでしょう。

今は、自らものを売る立場にはいないので
依頼をお請けした商品・サービスのライティングを行なっておりますが
クライアントの皆さまが口にすること…

・うまく文章が書けないんです。
・どうやってキャッチコピーを作ればいいか分からなくて。
・どうしても盛り込みすぎて、逆に伝わらなくなってしまう。

セールスライティングはとても難しく捉えている事が多いのです。

まあ、だからお仕事依頼を頂けているのですが。m(_ _ )m

今日は苦手意識を克服して
セールスライティングが書けるようになるポイントをご紹介いたします。

参考になれば、嬉しいです ⬇️

セールスライティングがスラスラ書けるようになるには!

 

セールスライティングがスラスラ書けるようになるには!

 

セールスライティングは、ネットショプで商品を売ることにとどまらず
会社のサービス紹介、セミナーや講師業のアピールなど
身につけておくと幅広い範囲で使えますので
自分で起業したい人にも、転職したい人にも有利だと思います。

キャッチコピーの文字数は20〜30文字。

スマホで改行せずに見えるようにするのは横20文字

など
細かいノウハウは、色々とありますが
本日はそこではなく、マインドを中心にお話しして行きます。

最初はこちらです⬇️

①メリット・ベネフィットを決める

このブログで、何度かお伝えしているのですが
セールスライティングは「売る」を中心に置くと
見ているお客様は、逆に離れていってしまうものなんです。

では「買ってください!」ではなく何を伝えるべきか!

それは、購入した方にとってのメリット・ベネフィット

詳しくはこちらをご覧ください↓

いくら売る側が

これは素晴らしいものですよ!

そう伝えたところで、メリット・ベネフィット
これがない限りは、全く心に響かないのです。

逆に言えばこのメリット・ベネフィット
これがはっきりすることによって、書くべき文章が明確になり
お客様の心も動かす事ができるのです。

②ターゲットを決める(一対一)
 

あなたがもし、好きな人や、大切なひとに文章を書くとき

どうやったらこの気持ちが伝わるだろうか?

失礼のない言葉で誠実な気持ちを伝えたい。

そうやって、真剣に文章を考えますよね。

セールスライティングは、実際には多くの人によんでもらうもの。

でも、書くときに「一体大勢」をイメージしてしまうと
どうしても言葉が曖昧になってしまったりして
刺さるような言葉が表現できなくなってしまうのです。

そこで、一人の対象者をイメージするのです。

コスメだったら…
30代後半、若い頃とのお肌の違いを感じてきた。
高級ブランドには興味ないけど、成分にはこだわりたい。
人とは違う、特別なものを見つける事が好きな人

アウトドアアイテムなら‥
日々の都会の生活から逃れるため、自然に触れることが趣味。
仲間とワイワイするものいいが、時代もあり今は一人キャンプを楽しんでいる。


このような、一人の具体的な人をイメージするのです。

そうすると、その人に向かって伝えたい言葉が浮かんできます。

 
③他のサイトを参考にする

 

書くことを、いろいろ考えたとしても
行き詰まってしまうことはあります。

そんな時は、他のサイトを参考にするのが何よりです!

もちろん「パクリ」はダメです❌

でも、他の人の表現方法に刺激を受けると
「そっか、こんな書き方ができるのか!」と新しい視点が出来ます。

これは、サイトでなくて、
同じターゲット層が読みそうな「雑誌」などでもOK!

有名な雑誌のコピーなどは
きっと専門的に学んだ人が書いているはずですからね。

大いに参考になるはずですよ❤️

まとめ

 

ライティングスキルはセンスというよりも
情報を集めたり、イメージしたり、学んだりして
誰にも身につくものだとわたしは感じています。

今回あげた3点を実践することで
「とりあえず書いてみようかな。」と闇雲に始めるよりも
かなり、すらすら書けるようになるのではないでしょうか!

そして、困った時にはいつでもご依頼ください。(笑)

それでは
ここまでお読みくださり、ありがとうございました😃

関連記事⇩

ココナラもやってます。

 

+3
この記事をSNSでシェア!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。