ライティングサポート お助けよっこ

セールスライティングの「あ行」「か行」

セールスライティングの「あ行」「か行」

セールスライティングは
なんだか特別な知識を持ってないと書けないんでしょ。

そう思われがちですが
要は言葉のコミュニケーションです!

まあ「誰にもできる」までは言いませんが

書くことが苦痛にならず、マーケティングを面白いと思え
人を喜ばすことが好き

これに当てはまる方なら、スキルは身につきお仕事としても
成り立っていくはずです。

Twitterにて、細々と情報をアップして来ましたが
なんとか、面白くわかりやすく伝える方法はないかな〜。と

思いついたのが!

「アイウエオ作文」

(笑)

あ行か行が出来ましたので、シェアさせていただきます!

では、はいどうぞ〜↓

 

自分でもよく出来たな、と思うのですが😆
これはセールスライティングを作るにあたって
一番大切なところに当たります!

これが「あ行」で出来たことは、奇跡的←(自画自賛!)

この文章の確信ですが
「売るため」と考えると、お客様はササーっと引いてしまもの。

まだ、買うかどうかわからず「チラッ」とお店を覗いただけなのに
店員さんが売る気満々で声かけてきたら、そのお店、出ちゃいますよね。

逆に「買わなくても別に大丈夫ですよ。」くらいのスタンスでいて
話していると、その商品があることのメリット・ベネフィットが伝われば
自然と自主的に欲しくなるものです。

あくまでも一番は売ることではなく
得れるベネフィットを客様に知ってもらうこと!

 

 

ではお次はこちら↓

 

これを読んだWEBライターさんより

「この言葉を大切にコツコツ頑張りたいです!」とコメント頂きました。

ありがとうございます。うれしいです😃

文字を書くこと、文章を作ることは
幼いことからやって来ているので、まず出来ない人はいないでしょう。

けれど、人に伝える文章、
さらにセールスライティングという、商品に興味を持っていただく文章作りは
やろう!と思ってすぐにできるものでは残念ながらありません。

それにまつわる情報は、本やWEB上でいくらでも得れます。

でも、自分の言葉で、対象の商品・サービスをアピールするには
知識とともに、経験値を積まないとなかなか響く文章とならないものです。

セールスライティングは、実際にものが売れるとか
クライアントに評価されるとか、結果がわかることで
その文章の良し悪しが決まるものでもありますからね!

最初は、みんな出来なくて当たり前。
でも地道な積み重ねで、スキルはついてきますよ。

書くスキルは急には身につかない
繰り返しの試行錯誤で、
経験値を増やすことで心に響く文章が作れる

===================

はい、本日はここまでになります。

この文章はどこにもない、自分のオリジナルであって
今までの経験に基づいたものですので何かしらの参考になると思います!

ここまでお読みくださり、ありがとうございました。

関連記事

ココナラもやっています。

 

+3
この記事をSNSでシェア!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。