ライティングサポート お助けよっこ

HPリニューアルをより効果的に!

HPリニューアルをより効果的に!

今や、企業でHPを持つのは当たり前。

もはや持っていないと

大丈夫なのかな・・・?

そう思われてしまうほど、
ホームページは重要な位置付けになっています。

そして、HPは業務内容や住所がわかれば良いというだけより
そこで集客するという役割になっています。

10年前に作ったHPでは古っぽく見えてしまったり
集客には適さない内容やデザインだったりすることも多いです。

そうなると、リニューアルが必要になるのですが
ただ、デザイナーに丸投げして

「かっこよく、見やすく作ってください。」

これはNGですよ。
リニューアルするお金を時間をムダに使ってしまいます。

ということで、本日のテーマは↓

HPリニューアルをより効果的に!

目次
HPリニューアルをより効果的に!
①ターゲティングを考える
②ライティング
③SNSとの連動

わたしがネットショップのコンサルで起業した時
2005年くらいは、「HPはただの看板」という考えで
集客までは力を入れていない経営者さんが多かった気がします。

ただ、今や
メーカーさんでも直接消費者にお届けするD2Cが普通になり
SNS
を駆使して会社や事業内容をアピールしたり
自らがアピールしていく時代になっています。

ですので、リニューアルする際には、そこを考慮する必要があります。

はい、ではそれを踏まえて上で最初はこちら↓

①ターゲティングを考える

以前にHPを作った時と、お客様層は一緒でしょうか?

時代の流れも変わり、会社の業務内容も少しずつ変化していくものです。
自ずと、ターゲット層も変わってくるのではないでしょうか?

わたしが関わった中で
100年以上の歴史を持つ「ガラス屋」さん。

前の販売方法は、卸業者さんから商品を売ってもらう流れでしたが
直接販売にシフトし、HPも大幅にリニューアル。

今ではネット販売でグングン伸びています!

他にも、内装用具や塗り壁の素材を販売していた会社さん。
業者さん向けから一般向けにリニューアル。

DIYブームや今の巣篭もり生活で、こちらもグングン売り上げ拡大中です!

せっかくのリニューアル。
じっくりと今のターゲット、そしてこれからの時代の流れを考え
ターゲットを考えていきたいですね!

②ライティング

先にも書きましたがHPの役割は

ただ情報が掲載されていれば良い。

というものではなくなています。

ネットでものを買うことに慣れ、SNSで文字のコミュニュケーションが当たり前になり
読み手側は、良い内容であるかそうでないかの判断ができるようになっています。

ですので、文章にも力を入れる必要があります。

ただ情報を羅列するだけでなく
興味を持ってもらえ、ベネフィットを感じてもらえる文章。

それが集約の役割を果たす今のホームページでは必須となっています。

③SNSとの連動

企業がHPを持つことが当たり前になたように
今では、SNSを活用することも当たり前になっているのではないでしょうか?

商品やサービスを探す際にGoogle検索だけでなく
特に10代20代の層は、インスタやTwitterで探すことも多いのです。

無料で始められるSNS

やらない手はないですよね!

SNSを入口として、知っていただき
最終的にはHPにて購入やお問い合わせに。

これはもう、ここに書くまでもなく常識ですので
リニューアルする際には確実に取り入れてくださいね!

============

もちろん、HPリニューアルに際しては
レスポンシブルデザインやSEO、配置などもっと様々な事柄を考慮して
最終的に良いものに仕上げていく必要があります。

それには、制作業者さん選びがとっても重要!

それで良し悪しが決まります。
特にネットの料金は曖昧なものでもあるので
高いけれどクオリティいがイマイチだったり、良心的価格なのにシッカリ対応できたり
ピンキリなんですよね〜。

これはまたいつかの機会に書きたいと思いますが
相談できたり、向こうからの提案があったり、できないことはできないと明言したり
何より「人として」信頼できるところが選ぶ際のポイントになるかと思います!

では、ここまでお読みくださりありがとうございました!

関連記事↓

ココナラもやっています。

 

 

 

 

 

+3
この記事をSNSでシェア!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。