ライティングサポート お助けよっこ

セールスライティングの「さ行」「た行」

セールスライティングの「さ行」「た行」

セールスライティングを書き始め十数年

常に

惹きつける文章とは!
商品・サービスに興味を持ってもらうには!
売り上げにつながり、お客様もハッピーになってもらうには!

考え続けてきました。

本を読んだり、さまざまなサイトをチェックしたり
実践で反応のあるなしで実感したり
自分なりにスキルを身につけてまいりました!!

お店でものを売りたい方・サービスを世の中に広げたい方
WEBライターさん・WEBデザイナーさんのお役に立てればと
Twitterにて、細々と情報をアップして来ましたが
なんとか、面白くわかりやすく伝える方法はないかな〜。と

思いついたのが!

「アイウエオ作文」

(笑)

さ行とたが出来ましたので、シェアさせていただきます!

では、はいどうぞ〜↓

キャッチコピーにしろ、HPやLPの文書にしろ
いきなり書き出すことはNGなんです!

まずは、その商品・サービスについて、徹底的に知ること。

それは、サイズや機能、使い方などの基本的なことはもちろん
他とは違う強みや、お客様のベネフィット
さらに、世の中の状況やこれからの流れについてなどなど
しっかりと、情報を集め自分の中のイメージを明確にすることが大切です。

そうしないと、
心に刺さる言葉・興味を持っていただける言葉にはならないのです。

まずは書き出す前に、とことん調べ上げましょう。

 

最初にする事はしっかりとした情報収集
すぐに書き出すのではなく精一杯、商品の良さを把握しよう
そこから刺さる言葉が生まれてくる。

 

ではお次はこちら↓

(↑た行です。さ行と書いちゃってます💦)

セールスライティングの中でも、
わたしが最も重要と考え、力を注ぎ、得意としているのが

キャッチコピー

そこをきっかけにして、見た方は

・その先も気になるな。

・ふむふむ、なかなか良いじゃないか。

こんな流れが作られ、購入につながっていくのです。

カッコいい言葉、雑誌で使われている表現、ノウハウ本に乗っていた形

これらを取り入れていくことも、決して間違いではありません。

ただ、商品ごと、お客様ごとに響く言葉は異なります。
ですので最終的な基準は、その商品を手にした時、利用した時のお客様の笑顔

これを想像することで、それに適した言葉が出てくるものです

たった20〜30文字に力を注ぐキャッチコピー
つい買いたくなる文章はテクニックだけに頼らず
とにかくお客様の笑顔を考えること

===================

はい、本日はここまでになります。

この文章はどこにもない、自分のオリジナルであって
今までの経験に基づいたものですので何かしらの参考になると思います!

ここまでお読みくださり、ありがとうございました。

関連記事

ココナラもやっています。

 

+2
この記事をSNSでシェア!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。