ライティングサポート お助けよっこ

キャッチコピー・商品説明文の役割と作り方

こんにちは よっこです!

それにしても、人生は選択の連続!

1日に選択する数は9000回や30000回など諸説ありますが
とにかくかなりの数を選択しているのです。

商品やサービスを購入する時にも、必ず選択をしているのです!
 
それは、

買おうかなどうしようかな?

どのサイズにしよう?

カラーはどれが良いだろう?

メーカーはどこにしようか?

などさまざまですよね。

そんな選択のきっかけとなったり背中を押すのが

キャッチコピー・商品説明文

特にネット上では直接手に取れないので
重要な役目であり、そのクオリティの差で売り上げも変わってきます。

今日はその大切なキャッチコピー・商品説明文

その違い、制作のポイントについてお話ししていきます。

参考になれば、嬉しいです ⬇️

キャッチコピー・商品説明文制作の違い

 

まずは人の考え方の仕組みについて

 

キャッチコピーを作る手順

キャッチコピーや説明文が大切なことはわかった!

その違いとは?

そしてどうやって作っていくものなの?

そこが疑問ですよね。
「文章で伝える」という目的は一緒です。

ですが、
どのようにみている人の「心を動かすのか!

その「役目」は異なっているのです。

では、まずはその役目についてみていきましょう。

と、その前に!

まずは前提としてのお話をします。
人間には短期的思考と、長期的思考の2つがあります。

詳しくは心理学者にしてノーベル経済学賞を受賞したダニエル カーネマンが著書
「ファスト&スロー」 にて解説しております。気になった方はぜひ!おすすめです。


で、簡単に申し上げますが

人間が意思決定する時には

 直感的・感情的な「速い思考」と、
意識的・論理的な「遅い思考」があるということ。

わかりやすいように、例をあげます。

例えばあなたがダイエットしていたとして
美味しそうなケーキをお店で見つけました。

美味しそう、食べちゃお! →そう考えるのが短期的思考
ダメダメ今は我慢の時 → そう考えるのが長期的思考

上記はダイエットの目標から遠ざかる結果となれば
短期的思考が、マイナスとなってしまいますよね。

例えば、転職サイトで良い仕事を見つけた時

まずは応募しなくちゃ! →そう考えるのが短期的思考
まだまだ他のもみて比べて検討しなくては → そう考えるのが長期的思考

そして、悩んだ結果。応募が締め切られたとしたら
この長期的思考が今度はマイナスになってしまうのです。

どちらが良い悪いではなく、進化の過程でどちらも必要で身についたのです。

②それぞれの役目について

①でお伝えした、人が選択したり、決定を下すときにする
この思考についての仕組み。

すでにもう、お分かりになって方もいらっしゃるのでは?

そう

キャッチコピーは短期的思考を
説明文は長期的思考を刺激するのです
 

まず、ショップなりチラシなりWEBサイトなりで
キャッチコピーを目にします。

そこで、短期的思考が刺激されると
「その先を知りたい!」と感情が動きます。

その先の説明文を読み納得し、長期的思考が刺激されると
「購入しよう!」という流れがつくられるのです。

 
③どう作っていくのか

 

やりたいことが見つからない時!

①の人の思考の仕組みについて、理解した!

②のそれぞれの役割についても、納得できた!

では、いざどうやって作っていくものなのか?

🔴キャッチコピー

まず前提として、読ませるものではありません。

ブルスリーが言ってました!「考えるな!感じろ!」

短い文章の中で、まずは何かを感じてもらうのです。

そのヒントになるキャッチコピーを集めたので
ぜひこちらをチェックしてくださいね。

キャッチコピーの作り方について書いた記事もたくさんあります、

🔴説明文

イメージをさらに広げましょう!

キャッチコピーからプラスのイメージを持って
その先を知りたいと思うお客様に納得していただき、背中を押します。

ポイントは、キャッチコピーに使った文章に関連させ
それをつながる文章を書いていくことです。

説明文になった途端、テイストや方向性が異なると
違和感を感じて納得することができなくなってしまうからです。

まとめ

 

わたしが自分のベースとしているのは
キャッチコピーは、15〜30文字

説明文は200文字程度です。

それより長くなると、ポイントがブレてしまい
盛り込んだところで余計に伝わらなくなってしまうものです。

キャッチコピー、説明文で興味を十分に惹きつけられたら
その先の詳細説明まで、きっと読んでくれるはずです。

まずはキャッチコピーと説明文に力を注ぎましょう!、

それでは
ここまでお読みくださり、ありがとうございました😃

関連記事⇩

ココナラもやってます。

 

+2
この記事をSNSでシェア!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。