ライティングサポート お助けよっこ

魅力ある文章は「インプット量」が左右する

魅力ある文章は「インプット量」が左右する

ブログやSNS、仲間や仕事でのやり取り

日々、何かしらの文章を書いているのではないでしょうか?

魅力的な文章が書けたらな

そう思って、ただ書き続けるだけでは
なかなか魅力的な文章は書けないものなんです。

それは、センスがないというのではなく
自分が持っているボキャブラリーが限られると
できる表現も限られてしまうからなんです。

では、本日のお話はこちらです⬇️

目次

魅力ある文章は「インプット量」が左右する

①本を読む

②人気記事をチェック

③人との会話に耳を澄ます


魅力ある文章は「インプット量」が左右する

やさしいという言葉

このような表現もできますよね。

・親切
・思いやりがある
・親身
・温和
・あたたかい

これを知っていることによって、文脈に合わせ使い分けることができます。

知らないと「やさしい」でしか表現ができません。

また、カクテルをあなたが作ろうとして

3種類のリキュールしかなければ
限られた数のカクテルしか作れないですよね。

でも10種類のリキュールがあれば
バリエーション豊かなカクテルが作れるわけです!

 

では、その語彙量を増やすにはどうしたら良いでしょうか?

それはもちろんインプット量を増やすしかありません!

増やす方法⬇️

①本を読む

やっぱり王道の「読書」は欠かせません!

意識して

語彙量を増やすぞー!

そう思っていなくても、本を読むことで
飛躍的にあなたの表現方法は豊かになります。

では、どんなジャンルの本を読めば良いのか?

まずは、自分の好きなジャンルでないと読書は面白くないので
興味があればなんでも良いです。

ただ、いつもと違うジャンルの本を選ぶと
そこから新しい発見が見つかることも多いですし
表現の幅も広がってくると思います!

ちなみに最近わたしは今までまったく興味のなかった
陰陽師(夢枕 獏)」を読み始めたところ、おもしろくてハマっております。

 

②人気記事をチェック

あなたがスイーツのショップを運営してたとしたら
人気ショップのHPをチェックしましょう!
きちんとキャッチコピーや説明文が考えられているはずですよ。

またはあなたが、についてのブログを書いているとしましょう。
そのページには、役立つ情報や、読みやすい文章
読者を惹きつける内容が書かれているはずです。

自分が書いているジャンルのTOPをいく人の「文章の書き方」を知れば
どのような表現が良いのか見えてくるはずです!

③人との会話に耳を澄ます

あなたの周りで、人を惹きつける人はいますか?

きっとその人は、魅力的な表現をしているはず。
つまりは人を飽きさせない、楽しい話ができているのです。

そうそう、今は芸能人としてメジャーな武井壮さん。

彼は30歳の時に芸能人になるぞ!
そう目指し、芸能人が集まるバーに夜な夜な通って
その人たちの会話を録音して、自分に取り入れ人気者の話し方を身につけました。
(ちなみにデビューまでの8・9年間、それを続けたんですって。)

もし、自分の周りには
そんな魅力的な人がいないよ・・という場合には
YouTubeなどで誰かから学んでも良いのですが
直接の刺激があった方が取り入れやすい、というのがわたしの実感です!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

以上になります。

3番目の人との会話ですが

わたしの周りの「素敵」だなと思う人は
やぱり言葉の表現方法がとても豊かで、しかもおもしろいです。

さらにやはり会話で惹きつける人は
お仕事で成功されている傾向になる気がします!

語彙(ボキャブラリー)量を増やして、
魅力的な人、魅力的な文章を書けるようになっていきましょう!

関連記事⬇️

ココナラもやってます!

 

+1
この記事をSNSでシェア!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。