ライティングサポート お助けよっこ

WEBライターで生きていくために決めること

こんにちは よっこです!

WEBで文章を書くということを最初に始めたのが
2003年のこと。

そして独立をして、
ネットショップのコンサルとして起業をし
その中でもライティングを強みとしてやって来ました。

思い返せば、かれこれ18年間
「文章を書いて人に影響を与える」それをずっと考えて来ました。

もともと、スキルも資格もなかった私が
こうやって今でも、自分の頭と腕とPCでお金を稼げるのは
本当にありがたいことだなと思っています。

さて、長いライティング歴を持っていますが
年々、このWEBでのライティングというお仕事は注目され
さらに需要も高まったいると感じています。

本日は、これから

・WEBライターで稼いで生きて行きたい

そう思う方や

・WEBライターで仕事をしているけどなかなか稼げない

そんな方にお役に立つ情報をお届けいたします!

参考になれば、嬉しいです ⬇️

WEBライターで生きていくために決めること

 

WEBライターで生きていくために決めること

 

PCを使って「文章を書くと言うお仕事」

資格は一切必要ありりません。

準備するものはPC ひとつでOKです。

性別、年齢、住んでいる場所は関係ありません。

思い立ったら、今日にでも始められます。

上司・部下がなく人間関係を気にする必要がありません。

これだけみるとかなり魅力的ですよね!

まあ、スキルも資格もないわたしはだからこそ
こうやって続けていられるのでしょうが😅

ただ、参入障壁が低いから、誰にもできるからこそ
稼げる人、そうでない人の差が生じるのです。

WEBライターを始めたけれど
・単価が安く、儲けにつながらない。
・クライアントの無理な依頼に疲れる。

・仕事をなかなかとれない。

こんな思いを抱えて、結局やめてしまう方が多いのも現実。

PC と自分だけの、ある意味「孤独な作業」ですので
辛いと感じると続けていくことは難しいです。

わたしがこうやって続けていられるのは
もちろん、お金が得られるのもそうですが
やはり、やりがいや、楽しいと思えるからなんですよね!

今日お伝えするヒントで、誰かの稼ぎに繋がったり
楽しくお仕事できるきっかけとなれば幸いです。

最初に決めることは、こちらです⬇️

①どの分野のライターなのか

 

WEBライターというお仕事はとても幅広いです。

・ブログを書いたり
・クライアントのための記事、SNS配信
・ネットショップなどキャッチコピー

 

まず、最初あげた「ブロブを書く」で稼ぐことは
クライアントはいないので、自ら書いた記事のアクセスで
アフィリエイトが生じる形。

あとは、クラウドソーシングでお仕事を取ったり
社内でのプレゼン資料作り、広報もその一つと言えますね。

いずれにせよ、

わたし、なんでも書けます。

ではなく、自分の得意な分野を決めることが必須です!

ブログに関しては、ただの雑記ブログよりも
ターゲット層を絞って、また自分がよく知っている内容の方が
魅力ある記事になるのでアクセスを上げられます。

それは、子育てのこととかも知れませんし、車や、株、恋愛…

どんな記事のブロガーになるのか!

そして、外部でのお仕事してお金を得ていくには

・マーケティングが分かるのでセールスライティング
・物語を作るのが好きなのでシナリオライター
・SEOに関して詳しいのでSEO記事ライティング

このように、自分が得意とする分野を決める必要があります。

それをまず決めていないと、依頼する方も選びにくいですし、
なんでもOKは、単価が低いお仕事になる場合が多いです。

 

②自分の働き方
 

WEBライターというお仕事。

始めた初月に、いきなり20万円稼げました!

なかなかそうはならないものなのです。
数ヶ月、人によってはそれ一本で食べていく場合には数年かかる場合もあるでしょう。

今の仕事がイヤだからと言って「WEBライターになります!」
それはちょっとリスクが高いかも。

実家で家賃や食費の心配がないから
当面の貯金があって数ヶ月余裕があるから

こんな感じだったら良いのですが
そうでない場合には「副業」として始めるのが良いのではないでしょうか?

そして、自分はどういう働き方があっているのか。

「WEBライター」一本で生きていくのは、
仕事をとるにも、記事を書くにも、全て自分で決めなくてはいけません。

チーム戦ではないので、個人に責任がかかってきます。

それを楽しめるのであれば良いのですが
言い訳は一切できない環境でもあるということです。

また、オフィスにいくともにとがないので
オンとオフの切り替えを明確にしたい人はその兼ね合いが難しいかも知れませんね。

ただ、通勤や余計な人間関係を持ちたくない人には向いています!

今の自分の働き方、収入との兼ね合い。

そして今後、どうやって自分は生きた生きたいのか。

その点まで考えていくと、
自分にWEBライターで行きたいことが最善かどうか見えてくるのではないでしょうか!

③それを通して社会に貢献できること

 

お金が稼げればそれでいい!

わたし自身、経営者として、また多くの経営絵者仲間を見てきて
やはりこの考えだと続かないんですよ。

もちろん、そういう考えの人はいずれ仕事が減っていくでしょうし
個人としても「お金」だけで生きていくことは
けして「しあわせ」には繋がらないものなのです。

やはり、
自分の発したもの、お仕事が
誰かの役に立っている、誰かの幸せに繋がっている

そう感じられないと、続かないものですし
生きがいに繋がり充実した生き方にはならないとわたしは感じています。

ですので、自分が書いた文章によって

セールスライティングなら
関わったお店の商売繁盛につなげ、経営会者・従業員の幸せにつながる

ブログ記事なら
読んだ人がそれによって前向きになり明るい未来に進むきっかけを作る。

このような、誰かや社会にプラスの影響を与える

そのような気持ちが、仕事の成功にもつながるでしょうし
自分の充実した生き方にもつながってくると思います。

まとめ

 

わたし自身といえば、WEBでのお仕事を始める前は
レストランやカフェでの体験での接客が多く
それが向いているお仕事だと思っていたので
なぜこうなったのかは、いまいちわかりかねています😅

ただ、自分の思うペースででき
本を読むインプットも好きですし
その本の考えや、人の意見・情報をまとめるアウトプットも好きで
どんな場所でも仕事できる環境の今を考えると

やっぱり、あっているのかなと思います!(どないやねん!)

それでは
ここまでお読みくださり、ありがとうございました😃

関連記事⇩

ココナラもやってます。

 

+3
この記事をSNSでシェア!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。